乳がん消えたんですが

乳がんが消えた人による乳がん患者の為のお役立ち情報ブログ

乳がんになったけど約半年で癌細胞が完全消失してた話

先程、テレビのニュース速報でさくらももこ先生が乳がんの為亡くなったと知りました。今、凄いショックを受けています。

 

私も去年の暮れに乳がん宣告を受けて乳がん患者になりました。

暮れから化学療法(抗がん剤)を半年してその後に全摘手術をしました。

そして先日、病理検査の結果が出たとのことで主治医から話を聞いてきたのですが、検査の結果は、なんと、がん細胞は一つも見つからず完全消失!

がん細胞ゼロだったとのことです。

つまり本当なら手術しなくても良かったという事に!
まぁ、結果論ですが。
手術しないと病理検査はできないワケなので。

先生に「結果論ですけど、わかっていたら手術しなくても大丈夫だったって事なんですよね??」と確認したら

「まぁ、そーですね。だから今回のようなケース(抗がん剤で寛解した)の人が今後は手術しなくて済むようにしていくのが、これからの病院としての課題です。」との事。

え〜?!あ、じゃあ、将来、私と同じように抗がん剤で寛解(かんかい)できちゃった人は、もう私のように病理検査の為に手術をしなくてもよくなるって事?それなら私、その未来に生きてたかったよー。
と、それを聞かされた直後は手術がムダに思えてしまったのだけど、冷静に考えたら全くそんな事はなく、手術のおかげで不安も取り除けたのだから手術して正解だったと思いなおしました。

それに今の私が治療してもらい生きていられるのは、同じく今の私が思ったように過去、苦しい治療をして症例になってくれた人々のおかげでもありますし。

そう思うと順繰りで、つまり私も過去の患者さんの恩恵を受け、そして未来の患者さんの為に新しい症例の一つとして人類に社会貢献したんだと思って、今回の手術が意味あったものとして納得するに至りました。

しかし、がん細胞が全て消えてしまったとは驚きです。

東洋医学では、がんは自分で作ったものだから自分で消せるという考え方があるみたいです。

私はその考え方に賛同して、化学療法(抗がん剤)だけに頼らず、グルテンフリー生活と、同時に断食や食事療法などもして腸をキレイにするのを頑張ったので相乗効果で寛解したのではないかと思っています。

がんて完全に消すことってできるんだ!

グルテンフリー生活をやってて良かった!

腸活がんばってきた甲斐があった!!

というわけで、このブログで私が乳がん患者になってから試してきた食事療法や救われた癌関連書籍の感想や抗がん剤の副作用ケアの話しなども交えてブログに綴っていこうと思います。

あくまで私の体験をもとにした素人の話しなので癌の細胞タイプや体質によって人によっては真似してはいけない場合もあるかもしれません。なので参考程度にご覧下さい。取り入れてみる場合も主治医に相談の上、自己責任でお願いします。

かんかい【寛解・緩解】
寛解(かんかい)とは、病気の症状が軽減またはほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態。治癒とは異なる。 大辞林より

下記のキーワードに興味ある方は、ぜひ読者登録やブックマークしてみて下さい。

#乳がん #食事療法 #グルテンフリー #腸活 #万病一元論 #乳酸菌 #豆料理 #塩断ち #乳製品断ち #プチ断食 #デトックス #ファスティング #医療用かつら #ウィッグ #低速ジューサー #コールドプレスジューサー #抗がん茶 #乳房再建 #リンパ浮腫 #浮腫み #弾性ストッキング #無農薬野菜 #呼吸法 #免疫力アップ #カフェインレス #がん情報関連書籍レビュー #抗がん剤副作用ケア #植物性由来乳酸菌 #食品添加物 #無添加調味料 #運動療法 #メンタルケア #入院生活ライフハック